レッスン

ノーフォーム指導は決して指導者の勘(カン)で行うものではないと思う。

個々を分析できてその結果がノーフォームとなると思います。 選手の身体的現状把握、脳が運動学習を行う基礎知識 反射運動と随意運動の違いは理解、個性の動作か?代償運動か?を見極めれないと 単なるクセにしかならないと思います。
レッスン

最終章 ノーグリップ・ノーフォーム指導 まとめ

あらゆるグリップに対し違和感なく使えること そして機能的な動作を形(フォーム)ではなく 機能的にエクササイズなどを通じ動作として導いていく手順を ノーフォームノーグリップの指導と当クラブでは解釈しています。
レッスン

4回目 ノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるフォームの解釈

フォーム指導とは経過分析の指導とも言われ 見本となる成功した選手などのフォームを参考としそれを模倣した指導です。昔は強いチームはみんな同じ打ち方をしているとお手本の様に見習わせられました。
レッスン

3回目 ノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるグリップの解釈

背面打ち また抜き あらゆる空間でベストなグリップを選択できる。 つまりどの状態でも違和感なくあらゆるグリップが握れるのが ノーグリップと解釈してきました。
レッスン

2回目 私が学んで来たノーグリップ・ノーフォームとは?

教えず気付かせ個性を伸ばすのがノーグリップ ノーフォームの指導なのだろうか? ちまたではどの様に解釈されていることが多いかをレポートします。
レッスン

1回目 ノーグリップ・ノーフォーム 指導現場の現状

ちまたのノーグリップ・ノーフォーム指導は 「コーチが個性を見抜く眼?」とも取れますが それは単なるコーチ個人の勘が正体でないですか?
レッスン

ノーグリップ・ノーフォームの指導 前章

ノーグリップ ノーフォームの指導をよく聞きますが 実際はどの様なものだろうか? 各自の解釈が異なると感じてのレポートです。 賛否を問うものではありません。
レッスン

教えすぎない指導がコーチの間ではトレンディになっている。

「自分で考えさせます」と言うコーチに対して 確かに上達してるのであればいいとして 変化がないのであれば今後を考えた方がいいと思います。
レッスン

コロナウイルスによる学校休みの間

うちの練習会場は閉鎖にはなっておりませんので使用可能です。 学校が休みになったジュニアたちのために 本日から午後はコート開放による自由練習と プライベートレッスンを行っています。 メインのレッスンは4時半から夜の9時まで行われます。
レッスン

3月のスケジュールについて2

当クラブメンバーは13時からコート開放で21時まで練習が可能です。 要望があれば朝9時から夜21時まで可能です。 ビジターで希望者があれば日程をお伝えいただければ可能な 受講体制をお伝えしたします。
タイトルとURLをコピーしました