2019-04

試合

平成最後の地獄の総当たりシングルス結果

今回、テニスコーチの皆さんのご参加が多かったです。 暑い中お疲れ様でした。
レッスン

定位能力と識別能力7 最終章

最初から上手に上手にジュニアは どんどん活躍できる場を与えられ そうではないなら 隅に追いやられていく。 成長過程には注目されず 今すぐ打てるかどうかで選ばれていきます。 今の日本育ちのプロ選手がそうかもしれません。
レッスン

定位能力と識別能力6

テニスもした事ない女の子がいとも簡単に 壁打ちができてしまった。 私が1年もかかって出来た事を 正直、ショックであった。
レッスン

定位能力と識別能力5

もともと定位能力と識別能力が優れている選手が その優位性を活かしてプロになったのであろう
レッスン

定位能力と識別能力4

スペインドリルのバタフライで 1年半の時間を要したのだが 通常ミスしない選手を見ていると やはり莫大な練習時間をかけている。
レッスン

定位能力と識別能力3

いつもラケットに当たらないジュニアが プロになった例があるので 定位能力と識別能力は必ず修正可能なのだ。
レッスン

定位能力と識別能力2

一人は定位能力と識別能力に長けて 器用にボールをコントロールします。 もう一人は不器用で とても勝てるように思えませんでした。
レッスン

定位能力と識別能力1

有限会社テニスエナジー(2019年4月12日 09:43)過去の事ですが保護者から質問です。 「打球時に頭は動きまくりで身体のバランスも良くないのにミスぜず勝つジュニアがいますが何故ですか?」 当クラブでは頭や身体のバランスに...
身体作り

インボディ計測について4

インボディデーター計測から基礎体力を活かしている選手と、 コーディネーションを活かしている選手が見えてきます。
身体作り

インボディ計測について3

インボディ計測の結果、体力のないもの同士がしのぎを削っているのが現在のジュニアテニス界と言える。
タイトルとURLをコピーしました