2020-10

ジュニアテニス

強者に勝つにはどれくらい時間が必要なのか?

強者に勝つにはどれくらい時間が必要なのか? 今回はプライベートレッスンを受講・検討される方へ対象なのですが そんなに簡単に勝てると期待しない方がいいです。
ジュニアテニス

才能だけではない! 自分だけの環境をプロデュースしよう!

上達はついつい技術等だけに目が行きがちですが いかに良い環境や上達のための正のループを作るか? その流れに乗せていくか?と言うことが重要だと考えています。 特に早い時期だとそのような工夫が沢山できますので 現在担当している低学年代には保護者にそのポイントなどをお伝えしています。
試合

第325章地獄の総当たりシングルスの結果です。

参加選手は大阪のみならず 兵庫 京都 愛媛 東京など 恋範囲からお越し頂けました。
レッスン

10月24日 土曜日の1日強化練習会

ブログでランキングを出している理由は 練習するには同等の選手でないと充実した練習は出来ませんので 参加基準を明確にすることが重要だと考えています。
ジュニアテニス

我が子がテニス難民である事に気がつく

先日あるご家庭が語ってくれました。 「我が家がテニス難民である事に気が付きました。」と 今までの待遇・方針は何だったのだろうか? 外を見た時に我が子の立つ位置が理解できた時 難民であった事が理解できたようです。
身体作り

最初に最終身長と成長ペースを予想せよ

当クラブ受講生は最初に成長ペースを調べる為 任意で成長曲線を提出頂いています。 それにより練習ペースの時期などを特定していきます。
ジュニアテニス

伸び悩んでいる選手は何をしていいか解らない。

勝てない選手・伸び悩みをする選手を分析すると どうしても技術面から問題を探そうと知るケースが多く 別視点から分析してみます。 どうしても技術的側面からアプローチしがちですが それを取り巻く環境問題が要因の多くを占めていると感じます。 その次に成長過程における問題が続きます。
試合

本日は地獄の総当たり日曜日錬成会の日

中学3年生は和歌山の2位3位と福井の1位と 大阪と和歌山の中学生1桁ランカーが参加し その他、上位ランカーも参加でした。
ジュニアテニス

才能の正体の一つは正のループ

適切な時期に適切な出来事 環境作りが繋がることで成し遂げられるという 環境的能力の目安が負のループと正のループと言えると思います。 これはある意味周りの保護者コーチが注意すればアレンジして作れものでもあります。
ジュニアテニス

勝っている選手の苦労話と歩む道筋

勝っている選手は結構人間関係を含め既に 多くの苦労をなさって正のループ(環境)を手に入れられています。 出来るだけ強いグループに入れて貰えるよう ある時は頭を下げお願いして 仲間に入れてもらい繋がりを作りを広げてきているんです。
タイトルとURLをコピーしました