2020-10

ジュニアテニス

伸び悩んでいる選手は何をしていいか解らない。

勝てない選手・伸び悩みをする選手を分析すると どうしても技術面から問題を探そうと知るケースが多く 別視点から分析してみます。 どうしても技術的側面からアプローチしがちですが それを取り巻く環境問題が要因の多くを占めていると感じます。 その次に成長過程における問題が続きます。
試合

本日は地獄の総当たり日曜日錬成会の日

中学3年生は和歌山の2位3位と福井の1位と 大阪と和歌山の中学生1桁ランカーが参加し その他、上位ランカーも参加でした。
ジュニアテニス

才能の正体の一つは正のループ

適切な時期に適切な出来事 環境作りが繋がることで成し遂げられるという 環境的能力の目安が負のループと正のループと言えると思います。 これはある意味周りの保護者コーチが注意すればアレンジして作れものでもあります。
ジュニアテニス

勝っている選手の苦労話と歩む道筋

勝っている選手は結構人間関係を含め既に 多くの苦労をなさって正のループ(環境)を手に入れられています。 出来るだけ強いグループに入れて貰えるよう ある時は頭を下げお願いして 仲間に入れてもらい繋がりを作りを広げてきているんです。
ジュニアテニス

勝っている選手はどんな生活を送っているか?2

めっちゃまめでよく動きます。 いろんな試合や練習会を調べたりラインで繋がったメンバーで練習したり 土日も試合や練習に1日中計画でビッシリで保護者は付きっきりです。 しかし楽しそうです。
ジュニアテニス

勝っている選手はどんな生活を送っているか?

勝っている選手のご家庭は非常にマメに行動します。 そして頑張っている実感はないでしょう。 むしろそれを楽しんでいるように感じます。 勝てないご家庭はもしかすると その理由はそのご家庭が一番知っているかもしれません。
レッスン

手遅れにならないうちに。。低年齢からのアスリートへの取り組み

取り掛かりは当然早い方が良いです。 理想の腱反射の伸びは小学3年生前後といいます。 身長の延ばすためには女子は生理前に手を打たないと手遅れです。
レッスン

今の技術について 何をどうすれば良いのか? 

中学生は成長過程の真っ只中ですので体力に合わせた技術のバージョンアップが必要ですし ある程度技術がしっかりした高校生は動作の効率化を進めなければなりませんし 保護者にも本人にも理解できる様な内容になっています。
タイトルとURLをコピーしました