2019-01

ジュニアテニス

努力の仕方について3

中学生トップジュニアの週間スケジュールです。 1日どのように活動しているか?などご理解いただけます。
ジュニアテニス

努力の仕方について2 計画

ナショナルとのプレゼンで行われた過去の記録ですが 一般のジュニアにも多いに参考になるはずです。
ジュニアテニス

努力の仕方について1

当クラブは府県大会優勝から 全国大会出場・日本一にもなり ナショナル選手やプロまで多くが歩んできたクラブです。 なので大体どんなペースで どのレベルをクリアしていけばいいか解るのです。
レッスン

スライスなどのショットの必要性2

日本中からトップを集めた練習でも フォアバック共、スライスラリーを しっかりさせるなどの練習がありました。
レッスン

スライスなどのショットの必要性

この先、同年代だけが相手でもないのでテクニックが要されます。 当然スライスなどの球種のバリエーションも必要です。
レッスン

6年生までに全てのショットは打てるようにする。

出来れば5年生中に 全てのショットは打てるようにして欲しいところです。 根拠は、全日本選抜予選が各地で始まりますね。 もし全日本で優勝しナショナルに選ばれれば 試合や遠征が急激に増えます。
レッスン

指導の現場でサービスの問題6

身体の成長を見越しての指導手順ということになります。 なので12歳以下は頭がさがる投球フォームが スピードが出せます。 しかしこの動きは後になくなります。
未分類

地獄の総当たりシングルスの結果です。

10時から17時まで10面のコートでひたすら試合を行い続けます。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題5

12歳以下ジュニアにとり身体構造上苦手な動作ですから 急にヒップオーバーヒップや ショルダーオーバーショルダーが出来なくてもいいのです。 マイペースで行きましょう。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題4

サービスは体力に合わせて 上手くバージョンアップできている選手と そうではない選手に別れ 大半のジュニア選手・特に女子の 動作移行ができていません。
タイトルとURLをコピーしました