2017-07

ジュニアテニス

熱中症予防・OS1の恐るべき吸収速度

OS1による水分補給し ペースを落として練習しました。 そして1時間後体重を測定すると。。 なんと体重が最初に戻っていました。
レッスン

気温43.5度

37度くらいでは最近涼しく感じます。 今日も社長が2キロの体重減でした。 やはり午後はダウンしました。 今日も細かく体重を測定しながら練習してましたが 1時時間強で1キロ落ちると危険信号です。
トレーニング

トレーニングが誤解されている。

昔のフットワーク練習のイメージとは モーグルムーブとかフロントフットホップとか フットワークの技術を覚えるという感じですが 現在はまず足の機能作りが重視されます。 つまり足そのものが早く動けるように 作っていくんです。
トレーニング

どうもトレーニングって誤解されている。

トレーニング=筋トレ=背が伸びない。 こんなイメージが多く、 トレーニングと言うと難色を示される。
トレーニング

体の可動範囲の変化が及ぼす悪影響

ジュニアがサービスの不調を訴えました。 選手の肩の外旋角度を観察すると 以前の記録より数値が下がっていました。
身体作り

テニスエナジーが考える身体作り

テニスエナジーでは クラムジーは始まるものとして 計画を考えます。