2017-10

身体作り

成長速度との戦い・早熟型と晩塾型

12歳までは成長が早いから勝っている選手が多い この場合、成長に優位性に頼った勝ち方だと 14歳以下のカテゴリーに入った時点で 確実に苦戦を強いられている。
身体作り

テニスの基本について。。4

基本とは?「誰でも出来る事」 つまり、人類(動物)として本来のスペック(性能)なのです。
ジュニアテニス

学生時代でしかできない挑戦!

有限会社テニスエナジー(2017年10月20日 13:56) 関東のクラブは海外遠征やITF参戦が盛んです。 また全日本選手権〇〇名出場とかも。。。 しかし、土地がらか?大阪では聞きません。 昔留学の事業もしてまし...
未分類

コーチのお仕事2。。。

お金ができてからでいいよ。。 そこにサインしとき。。 コーチは時により出世払いでレッスンする場合がある。
未分類

コーチのお仕事1。。。

いい選手が出た時、知り合いの社長さんなど 企業の人に声をかける。 「一度見に来てくれませんかね?」 中には足を運んで来れたりする。 「いい子いるね! 楽しみだね!」
学校問題

大学スカラシップの説明会

全員がプロになるわけではない。 大学を見据えたテニスの取り組みも 選択肢の一つとした方がいい
レッスン

保護者の「厳しくしてください」の言葉は疑え!

保護者が「もっと厳しくしてください。」というので 厳しくするとクレームが来ました。 全くもって信じられません。
未分類

最近の親は他人に我が子が怒られると弱い

「ビシバシ厳しくしてください。」というので 厳しくすればえらいご立腹され 「もう辞めます。」と言って帰られた