2013-07

未分類

ジュニアテニスの身体の検査2

つまり身体の動きに問題のある選手が どんなに努力しても無駄という事が解ったので ジュニアテニスの身体の検査を行うようになった。
未分類

ジュニアテニスの身体の検査1

出来る選手と、 そうでない選手の特徴が見えたのだ。 ジュニアテニスの身体の検査を行う事で 将来伸び悩むであろう原因も早期に発見出来る事も見えて来た。 怪我の早期発見もある程度可能ともなったのです。
未分類

ジュニアテニスで才能を開花させる。3

幼少からいろんなスポーツをさせた方がいいというので 水泳、空手、ダンス?なんだっけ?いっぱいさせたそうです。 結論は、肝心なテニスが出遅れてしまった!と、 反省しています。
ジュニアテニス

ジュニアテニスの才能を開花させる。2

国際レベルまで達した選手の小学6年までの練習時間 6000〜7000時間です。 最低でも1年間に1000時間以上の確保が絶対です。
ジュニアテニス

ジュニアテニスの才能を開花させる。1

低年齢から才能を開花させる方法は 身体特徴をテニス向きに改善し開花させる為の時間を確保する事です。
ジュニアテニス

テニススクールの選手抱え込み問題・最終章

抱え込み型スクールも自由型スクールも 真面目に運営している所は目標とする所があれば マイナス思考で運営している所もあります。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題8

掛け持ちの多い選手は廻りが固まりにくいんですょ。。 掛け持つ各スクールのコーチにその場のお任せ状態だから。。 どのコーチも何処まで携わっていいか迷いますからね!
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題7

一人のコーチに任せるべきか? それとも多くのコーチに任せるべきか? 雇用されているコーチは経営者に支配されているので 自由には動けないばかりか指導法まで指示される場合があります。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題6

結論からすれば将来的に 最終的に一人のコーチに任せ続ける事は困難で コーチ陣が連携を取りながら目標に向かう事が現実的です。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題5

テニスエナジーは選手を囲い込んでいません。 むしろドンドン出して行く方針ですが しかし最低の技術が備わらない限り コーチの指示に従って頂いているだけです。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題4

一見抱え込んでいるように見え、報告などに うるさい?テニスエナジーですが内側を紹介します。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題3

全てを託せ!というテニスコーチは危険です。 託せ!というならその根拠を示すべきです。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題2

コーチ側の言い分です。 掛け持ちされるとコーチの指導する内容が常にかき消されるので。 結局、当たり障りのない内容しか指導が出来ない。 なので教えたい事を100%伝えるには 一人のコーチに集中して欲しいと考えるのは どのコーチも同じ事でしょう。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題1

「全てを託せ!」というコーチを弁護する訳ではないですが ある意味、熱く!やる気のある現れであって。。 最も任せて危険なコーチは 「何にもせず無関心なコーチ!!」ですよ。。
ジュニアテニス

関西ジュニアテニスに行きました!

私が試合を観に行ける時はクラブが休みの時です。 今日は朝6時からフラワーちゃんとマリリンの練習を行ない。 靭テニスセンターを訪れました
ジュニアテニス

テニスレッスン受講前に事前に身体を調べる理由2

トップレベルは身体を酷使するので怪我が多いんです。 あるジュニアが再起不能になるかもしれない怪我の通達を 受けた事があります。
ジュニアテニス

テニスレッスン前に事前に身体を調べる理由1

トップジュニアが訪ねて来た。 そのジュニアは柔軟性と強靭な体幹を備えていましたが ある部分が慢性化した炎症となり 大事な試合で結果が出せないでいた 原因は骨格のアライメントがある原因で 狂っていた事です。
ジュニアテニス

ジュニアテニスの先天性への挑戦!

やはり人間の身体は平等ではありません。 お相撲さんは相撲界では才能ありますが もしお相撲さんがF1ドライバーを目指せばどうなるでしょうか? 逆にF1ドライバーが相撲を目指せばどうなるでしょうか? 各自の個性と特徴・適正があります。
ジュニアテニス

テニスエナジーのジュニア指導の仕方。。3

身体の成長と技術の習得と環境の変化を的確にとらえて 初めて個人の計画が出来ます。
ジュニアテニス

テニスエナジーのジュニア指導の仕方。。2

現実的な経済力と環境が繋がって時間的制約があり トレーナーの言う幼少は成績を求めず動き作りをしましょう! なんて言ってられないのです。
ジュニアテニス

テニスエナジーのジュニア指導の仕方。。1

最初に身体能力を検査させて頂いています。 そして身体のパーツ(部品)を調べて 体力5要素から各能力が 何才くらいで開花され始めるか特定して行きます。
ジュニアテニス

ジュニアテニスにおける腱反射について

山本コーチはこの分野のトレーニングが詳しく 上手くテニスに変換してくれる。 特に私など見本ができないしヘタすれば アキレス腱を切る事故にも繋がるので 深く入れなかった部分でもあります。
ジュニアテニス

ジュニアテニスは幼少からの身体作りを読みきれ!

ジュニアは常に成長し続けています。 特に身体のサイズに恵まれていないと予測すれば 対策を講じないと後になってから苦労しているんです。 近年14才以上になってから身体の出来て来た 選手の猛追は激しさを増し、 12才以下でも勝っていた選手でサイズの恵まれていない ジュニアは苦戦を強いられています。
ジュニアテニス

競技スポーツを目指す事は冒険のようなもの。。

先の見えない世界に飛び込んで そこでワクワクする感性がないと やはり続けられないのがスポーツや芸術・音楽でしょう。。 大半がそこに安定を求めながら目指すから 中途半端になるとおもいます。
ジュニアテニス

テニスエナジーの機能分析2

ジュニアって、成長で身体が変化するので 機能を分析するには将来の機能を予測しないと だめなんですよ。。
ジュニアテニス

次回にテニスエナジーの機能分析2

打つだけではない。計画のある身体作りが大切だ。 今でも小さい子に混じってキミレンコやCチャンが参加する。 最新の指導法など関係なく 常に同じ事の繰り返し
タイトルとURLをコピーしました