2013-07

未分類

ジュニアテニスの身体の検査2

つまり身体の動きに問題のある選手が どんなに努力しても無駄という事が解ったので ジュニアテニスの身体の検査を行うようになった。
未分類

ジュニアテニスの身体の検査1

出来る選手と、 そうでない選手の特徴が見えたのだ。 ジュニアテニスの身体の検査を行う事で 将来伸び悩むであろう原因も早期に発見出来る事も見えて来た。 怪我の早期発見もある程度可能ともなったのです。
未分類

ジュニアテニスで才能を開花させる。3

幼少からいろんなスポーツをさせた方がいいというので 水泳、空手、ダンス?なんだっけ?いっぱいさせたそうです。 結論は、肝心なテニスが出遅れてしまった!と、 反省しています。
ジュニアテニス

ジュニアテニスの才能を開花させる。2

国際レベルまで達した選手の小学6年までの練習時間 6000〜7000時間です。 最低でも1年間に1000時間以上の確保が絶対です。
ジュニアテニス

ジュニアテニスの才能を開花させる。1

低年齢から才能を開花させる方法は 身体特徴をテニス向きに改善し開花させる為の時間を確保する事です。
ジュニアテニス

テニススクールの選手抱え込み問題・最終章

抱え込み型スクールも自由型スクールも 真面目に運営している所は目標とする所があれば マイナス思考で運営している所もあります。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題8

掛け持ちの多い選手は廻りが固まりにくいんですょ。。 掛け持つ各スクールのコーチにその場のお任せ状態だから。。 どのコーチも何処まで携わっていいか迷いますからね!
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題7

一人のコーチに任せるべきか? それとも多くのコーチに任せるべきか? 雇用されているコーチは経営者に支配されているので 自由には動けないばかりか指導法まで指示される場合があります。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題6

結論からすれば将来的に 最終的に一人のコーチに任せ続ける事は困難で コーチ陣が連携を取りながら目標に向かう事が現実的です。
ジュニアテニス

テニススクールのジュニア選手抱え込み問題5

テニスエナジーは選手を囲い込んでいません。 むしろドンドン出して行く方針ですが しかし最低の技術が備わらない限り コーチの指示に従って頂いているだけです。
タイトルとURLをコピーしました