2020-03

試合

第320章地獄の総当たりシングルスの結果

地獄の総当たりシングルスをミズノテニスプラザ舞洲で行いました。 男女共合計27名が徳島・兵庫・和歌山・滋賀・京都・奈良などから 集まってくれました。
レッスン

当クラブのサービスの方針

当クラブのサービスの指導についてレポートしています。 受講者に外部選手が多くまた土日もビジターでよく受講して頂いています。 先方とのコーチの意見が合わず左往右往した事もありましたので参考にしてください。
レッスン

教えると教え過ぎないの違い/オーバーティーチング

教えると教え過ぎないの違い/オーバーティーチングについて ノーグリップ ノーフォーム指導も各指導者の解釈は結構ですが 教えすぎる教えすぎないの問題も 当クラブの指導方針を理解して頂く上でレポートしています。
レッスン

ノーフォーム指導での誤解 フォームを矯正してはいけないのか?

ノーフォーム指導は動作を教えてはいけないという風潮がありますから悪い動きをそのまま放置が目立ちます。 どこまで踏み込んでフォーム矯正していいのだろうか?
試合

土日に1日中練習と試合のできる環境を作る。

1日試合と練習のローテーションでみっちり練習する環境を構築します。 特に中高生で部活のない日など無駄に過ごしている選手も多数聞きます。
レッスン

プライベートレッスンにてプレイスタイルを確立する。

個性が強ければ強い程プレイスタイルが特徴的な選手がいます。 そうなるとグループレッスンだけでは対応出来ないんです。
レッスン

プライベートレッスンの重要性

プライベートレッスンの重要性とは 個別の問題解決だけでなくプレイスタイルの確立を容易とします。 当クラブで今までに全国の上位に進出したジュニアの場合 大半が個別のプレイスタイルを確立したプライベートレッスンを 受講して頂いていました。
レッスン

プライベートレッスンについて

個別のプレイスタイルを確立させていくのがプライベートレッスンと言えます。 現在定期的にプライベートレッスンを受講している選手に関しては 明確なプレースタイルを確立させている、または確立させつつあります。
レッスン

ノーフォーム指導は決して指導者の勘(カン)で行うものではないと思う。

個々を分析できてその結果がノーフォームとなると思います。 選手の身体的現状把握、脳が運動学習を行う基礎知識 反射運動と随意運動の違いは理解、個性の動作か?代償運動か?を見極めれないと 単なるクセにしかならないと思います。
レッスン

最終章 ノーグリップ・ノーフォーム指導 まとめ

あらゆるグリップに対し違和感なく使えること そして機能的な動作を形(フォーム)ではなく 機能的にエクササイズなどを通じ動作として導いていく手順を ノーフォームノーグリップの指導と当クラブでは解釈しています。
タイトルとURLをコピーしました