2017-11

身体作り

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 6

晩熟型に見える小柄で非力な選手でも 低学年から勝っているタイプが存在します。 結構これ、調べたんです。
ジュニアテニス

機能分析の指導・測定し数値化する

ジュニアの動きが悪い 特にフットワークにキレがない。 すると理学療法士のタクミから 「〇〇選手の足の筋出力が極度に落ちてます。」 とラインが入った。
未分類

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型 番外編

このブログはかなり誤解もあると思うので 番外編を念頭に置いて読んでくださいね。。。。
身体作り

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型5

10歳以下から先伸びするタイプ 筋力型(体幹型) 柔軟・腱反射型 ガムシャラ練習量型 第2次成長後の後伸びするタイプ 細身の長身型
身体作り

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型4

早く始めれば優位な理由 テニスは幼少に始めた方が有利である。 特に小柄な選手・晩熟型のジュニアは絶対である。 その理由について
身体作り

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型3

テニスの環境が早熟型に対応しており 晩熟型の対応が困難に近い そこで晩熟型をいかに早期に成績を出せる状態を作れるか?
身体作り

成長速度との戦い・早熟型と晩熟型2 

成長には個人差があり 10歳あたりが早熟型と晩熟型の差が出てくる頃である。 これは競技力とも比例し才能とは無関係です。