2020-03-11

技術

3回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるグリップの解釈

背面打ち・また抜き・あらゆる空間でベストなグリップを選択でき、どの状態でも違和感なくあらゆるグリップを選択できるのがノーグリップと解釈しています。
タイトルとURLをコピーしました