レッスン

昔のフォアハンド両手打ち(ハードヒッタータイプ)の失敗

フォアハンド両手打ちなど駆使してのパワーテニスは欧米には通じなかったのです。
レッスン

第7回 フォアハンド両手打ちについて当校の方針

フォアハンド両手打ちから片手打ちに直すという発想でなく 両方使えるようにして使い分けた方がブランクに強く プレイの幅も広がるのでススメています。
技術

第6回 フォアハンド両手打ちを長期計画で考えた場合

フォアハンド両手打ちの選手があらかじめブランクに弱いと判かり今後の予定も受験などで練習時間が少なくなるようであれば片手打ちの導入も検討する必要が出てきます。
レッスン

第5回 フォアハンド両手打ちの将来3

1日でも休めば不調になるのがジュニアです。特に両手打ちは少しのブランクでもプレイの質が低下します。
レッスン

第4回 フォアハンド両手打ちの将来2

社会人になった場合、多くが片手打ちで練習し直している事実があります。
レッスン

第3回 フォアハンド両手打ちの将来1

20年以上前より両サイド両手打ち選手の行く末を見て来ました。 多くがジュニア期間中に片手打ちに修正をしています。 社会人ではほぼ片手打ちになります。
技術

第2回 エナジーが考えるフォアハンド両手打ちの欠点

1回左右に振られた程度なら大丈夫だが もう1回振られるともうボールに届かないジュニアが多い報告がありました。
レッスン

第1回 テニスエナジーが考えるフォアハンド両手打ちの利点

とにかく低年齢で勝たせやすい 幼少の非力さを補う最適の方法で 撃面で幼少にもかかわらず重いボールを打てる 重いボールを受ける事ができる。
レッスン

テニスエナジーは両手フォアハンドを指導しないのか?

当校は両手フォアハンドを否定はしませんが、基本は片手打ちから指導します。 しかし導入時に両手がベターと判断した場合は両手打ちから始める場合もあります。
タイトルとURLをコピーしました