身体作り

身体作り

低学年から始まる身長の伸びの低迷

キッズの頃は順調に身長は伸びて言っていると思うでしょう? 実は低学年から身長の伸びの低下は始まっているのです。
身体作り

年長キッズのレッスンを1時30分からスタート。

本日木曜日は年長キッズのレッスンを1時30分からスタートしました。 ほぼ、京都寄りの奈良県からこの和歌山橋本市まで通ってくれています。
身体作り

低年齢から身長停滞は始まっています。

提出された年長キッズの成長曲線データーを確認すると 既に身長の停滞現象が始まっていました。 背が伸びない原因は低年齢から始まるんです。
身体作り

当校のレッスン手順について

あくまでも各ご家庭からの要望がある範囲で行っています。 アスリートを目指すという事は身体を設計する事から取り組みます。多くはお金をかけず自宅で行うものばかりです。
身体作り

最初に最終身長と成長ペースを予想せよ

当クラブ受講生は最初に成長ペースを調べる為 任意で成長曲線を提出頂いています。 それにより練習ペースの時期などを特定していきます。
身体作り

低年齢アスリート養成プログラム

スタートはとにかく早い方がいいです。 小学1年生から体の硬さは始まっており取り組むことが遅れれば遅れるほど 取り逃してしまう課題が増えていきます。 厳しい言い方をすると手遅れの要素がどんどん増えるということです。
身体作り

成長曲線のチェックと疲労骨折との関係について

女子は15歳前後で疲労骨折が増えます。カルシュウムなどの栄養摂取と生理との関係がナショナルセンターからの資料で記載されています。また生理は産婦人科の管轄ですが疲労骨折などのスポーツ障害への情報は皆無だという事で問題を感じます。
怪我

医療とテニスの現場が繋がれば

例えば怪我をする前に対応することなど 痛くなってからでは遅いので問題がありそうなジュニアは 真っ先に調べるようにしています
トレーニング

レントゲン写真もらえるかなあ〜

当クラブでは痛みが出る前に対応するという事を行います。 昨夜、理学療法士の先生が来てくれて 病院も含め今後の選手のフォローについて話し合いました。
トレーニング

自分にとって身体の自然なバランスってなんだろう?

身体の自然なバランスってなんだろう? 身体には個別のバランスがあるから トレーニングは反対であるという意見もあるようです。
タイトルとURLをコピーしました