身体作り

身体作り

プロテニス選手になる方法について 2回目

運動万能なジュニアがプロになるわけではくテニスに必要な能力を揃えたもしくは構築できた選手がプロになっています。
身体作り

テニス歴2年で関西優勝する方法

実際に2年で関西で優勝した実例で
どのように取り組んだのか?その方法を紹介します。
身体作り

なぜ上位にテニスエナジー出身者が多いのか?

身体の基礎である姿勢などからテニスの動作を導き出す手法で取り組んでいます。
身体作り

機能分析の希望者が集まってます。

そろそろフォーム作りのテニスは卒業して機能的な動きを作りませんか?それぞれ身体は違いますし動かないところは頑張っても動かないんです。
身体作り

ジュニアテニス、なかなか勝てない・伸び悩む前に

成長を数値化すれば未来が見えるんです。 勝ている選手は負ける時期、負けてる選手は勝てる時期が
身体作り

そろそろ勝ちたくないですか?

もしあなたが勝ててないのであれば 原因を考えて計画を立てたらどうでしょうか?体内で何が起こっているのか? そこから見直し検討することをお勧めします。
怪我

ジュニアは不調の時ほど練習するのは危険!

その不調が技術不足か?成長によるものか? 正確な見極めが大事ということです。
身体作り

ジュニアテニス女子の指導は生理で順調に進まない。


女子は生理の関係上、集中して技術学習が可能な期間は
1ヶ月で5日〜10日でしかありません。
身体作り

低学年から強いジュニアはどうしてなの? WBI編

運動能力の特徴によっては低学年からテニスで勝てるジュニアがいます。 その能力の一つであるWBIについてレポートします。
身体作り

ジュニアテニスでなぜ我が子は上達しないのか?機能分析に診る足が遅い編。

出だしの一歩が遅いんだ!って叱った所で 骨盤が後傾してるんだから体重が母趾球に乗らないでしょう? それで足が遅いって何回もダッシュさせるんですか? 本人に責任ないですよ! 力学的な骨格の角度を作ってあげないと無理ですよ。
技術

なぜ我が子は上達しないのか?ジュニアテニス機能分析の指導から解決する。

いい練習=しんどい練習 いい練習=沢山打てる練習 これでは隠れた逸材は消えていきます。 機能分析の指導を御理解頂くためのフットワーク編のトークで 技術解説ではありません。
身体作り

なぜテニスの試合で勝てないんだろう?

テニスの試合で負ける原因は体の発育が遅いからかもしれないです。 既に体が大人になったジュニアとまだ子供体型のジュニアを 同じ土俵で比べるのは少し無理があります。
身体作り

運動が出来そうもないジュニア もしかしたら逸材かも?

まず今日の動画です。運動できなさそうでも改善できます。本日のブログの 補足として動画をアップしましたのでブログと共にご覧ください。 運動が出来そうもないジュニア もしかしたら逸材かも?よく 運動が出来そうもなくどんくさそ...
身体作り

当クラブの実績について 身体から作った選手が生き残る。

現在の18歳以下の状況を見てみますと 大阪 和歌山 京都での女子決勝進出6名中5名が 元テニスエナジー泉ヶ丘時代のジュニア達です。
身体作り

低学年から始まる身長の伸びの低迷

キッズの頃は順調に身長は伸びて言っていると思うでしょう? 実は低学年から身長の伸びの低下は始まっているのです。
身体作り

年長キッズのレッスンを1時30分からスタート。

本日木曜日は年長キッズのレッスンを1時30分からスタートしました。 ほぼ、京都寄りの奈良県からこの和歌山橋本市まで通ってくれています。
身体作り

低年齢から身長停滞は始まっています。

提出された年長キッズの成長曲線データーを確認すると 既に身長の停滞現象が始まっていました。 背が伸びない原因は低年齢から始まるんです。
身体作り

当校のレッスン手順について

あくまでも各ご家庭からの要望がある範囲で行っています。 アスリートを目指すという事は身体を設計する事から取り組みます。多くはお金をかけず自宅で行うものばかりです。
身体作り

最初に最終身長と成長ペースを予想せよ

当クラブ受講生は最初に成長ペースを調べる為 任意で成長曲線を提出頂いています。 それにより練習ペースの時期などを特定していきます。
身体作り

低年齢アスリート養成プログラム

スタートはとにかく早い方がいいです。 小学1年生から体の硬さは始まっており取り組むことが遅れれば遅れるほど 取り逃してしまう課題が増えていきます。 厳しい言い方をすると手遅れの要素がどんどん増えるということです。
身体作り

成長曲線のチェックと疲労骨折との関係について

女子は15歳前後で疲労骨折が増えます。カルシュウムなどの栄養摂取と生理との関係がナショナルセンターからの資料で記載されています。また生理は産婦人科の管轄ですが疲労骨折などのスポーツ障害への情報は皆無だという事で問題を感じます。
怪我

医療とテニスの現場が繋がれば

例えば怪我をする前に対応することなど 痛くなってからでは遅いので問題がありそうなジュニアは 真っ先に調べるようにしています
トレーニング

レントゲン写真もらえるかなあ〜

当クラブでは痛みが出る前に対応するという事を行います。 昨夜、理学療法士の先生が来てくれて 病院も含め今後の選手のフォローについて話し合いました。
トレーニング

自分にとって身体の自然なバランスってなんだろう?

身体の自然なバランスってなんだろう? 身体には個別のバランスがあるから トレーニングは反対であるという意見もあるようです。
身体作り

先天性内反足について

先天性内反足は現場での答えですが残念ながら現在の私の力では高学年に突入した選手への戦績向上は非常に難しかったです。出来るだけ低学年からの対応の場合は結果が出せました。
身体作り

ジュニアテニスと側湾症について

指導者として選手に怪我をさせてなるものか。その中で遭遇した先天的問題との戦いのレポートです。
トレーニング

インボディから見るランキング低下傾向

12歳以下までは強かったのに14歳以下のカテゴリーに上がると段々ランキングが下がり16歳以下では消えてしまう様なジュニアのインボディ傾向のレポートです。
身体作り

インボディについて

身体は常に変化しており基準となる技術と身体も体力も基準数値をクリアして行けば ランキングを向上させる事ができます。
身体作り

インボディ計測

ストローク力にある選手のインボディを見ると 細くて筋肉ない様に見えても一番筋肉量があったりします。 見かけでは判断できないんです。
ジュニアテニス

【ジュニアテニス】長時間練習は身長が伸びないか?

テニスの長時間練習は身長が伸びないのか?については結論は伸びないですが対策で伸ばせます。まず計測と数値が大事です。 常に身長体重を計測し伸びが止まった時の栄養状態と練習時間を見直し各自にあった対策を行うと身長は伸び出します。
タイトルとURLをコピーしました