Information
----------------------------------------------------------------
2022.6月/7月ジュニア練習試合募集中!
2022.6月/7月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

テニス緩いボールがくるとヘタになる。

ジュニアテニス
A Texas tortoise on a pea gravel road in south Texas.

このブログの動画

原因は脳内の回路の使い方です。

簡単に説明すると
身体を動かすときに2人の自分がいます。

1.意識の自分=A君(随意運動)
2.運動回路の自分=B君(反射運動)
※ 今回、A君・B君と表現します。

早いペースでは考える時間がないので
必然的にB君が反射的に活躍します。

速いペースで上手なのは当たり前

考える時間がないので運動神経の自分が活躍しているんです。

その時のパフォーマンスは最高です。
なぜなら
スポーツはB君の得意分野だかからです。

B君は脳にある経験に基づいた資料を元に
適切な動作を自動的に行っていきます。

この状態がゾーンに入ったに近いパフォーマンスです。

よって相手のペースが早ければ早いほどB君が活躍する場が多いので
そのパフォーマンスは高くなります。

遅くなると意識の自分が出てくる

多くの選手が遅い相手だと調子が「悪い」と言います。

バンバン降ってくる選手に対して調子いいんだけど
つなげてくる選手に関しては調子が落ちるんです。

当たり前のことです。

速い相手に関してはB君活躍して
遅い相手に関しては運動の下手なA君が出てくるからです。

多くが緩いチャンスボールにミスをしてしまいます。
それは速いペースのラリーではB君が担当していますが
急に遅いボール(チャンス)でA君が出しゃばるんです。

思い当たるでしょ?

チャンスボールの前に
(決める! 決めなあかん! ミスするかも?)

今まで何も考えず反応してた運動が
遅いボールになると急に「感情」が出てくるって……

考える時間があるからです。

そこで
運動回路が急に変わったんで
(A君からB君に引き継ぎなく)動作に誤差が出るんです。

なのに……

多くの選手が行うのが
「出し球で打ち込む練習」をします。

申し訳ありませんがムダとは言いませんが
原因はそこにいない場合が多いのです。

遅いペースでも集中状態を維持しよう

昔は局面でのメンタルに弱いという対策で
禅などに取り組んで集中できるようにと試行錯誤したみたいですが
意味がなかったようですね。

遅いペースの欠点はどうしても考えてしまうと言うことです。

そこで反応するB君をうまく引き出せば
チャンスボールであったり
遅いペースの相手に関しても
変わらないパフォーマンスを得られることができます

なぜなら運動はB君が担当してることであり
遅いペースでミスが増えるのは
どうしても思考が入り

A君がでしゃばってくるからなのです。

遅くなってもB君が担当すれば
ミスは減るのです。

原因を理解して取り組むことが重要

今回ような練習は現場では難しいです

それはショットやフォームが悪いんではなく
担当する神経回路の違い

(A君/随意運動とB君/反射運動)なんです。
なのでオンコートより

まず原因を理解することだと思います。
今ひとつわからない方はメールでご連絡くださいね~

質問などあればお寄せください。

簡単な範囲であればお答えはできます。

    今後の予定をリンクしますのでクリックください。
    土日祝日の練習会の予定
    土日祝日の試合の予定
    地獄の総当たりシングルス錬成会の予定
    Facebookはこちらでご覧頂けます。
    Twitterではこちらでご覧頂けます。
    YouTubeはこちらでご覧頂けます。
    連絡先はmac335@mac.comです。

    LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
    是非ご登録ください!

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8179-1.jpg
    タイトルとURLをコピーしました