Information
----------------------------------------------------------------
2022.5月/6月ジュニア練習試合募集中!
2022.5月/6月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

テニスはボールの扱いと距離感が生命線

技術
Young coach teaching little boy to play tennis on the court during training class.

打ち方より定位能力と識別能力が重要

まだまだフォームなどに意識が向いている選手も多いですが
ボールとの距離感・定位能力と
ボールの扱い・識別能力の欠如が多く観られます。

ゴールデンウイークの練習でも
最初は微妙に距離があっていなくて
打点が合っていないにも関わらず
その意識が少ないんですよね。

「なんか食いこまえれるなあ~」
程度の意識なんですよね。

また微妙にボールがズレる・入らない。
ホントに僅かなんだけど

だからこそあと少しと思うんでしょうね。
それがいつまでも入らない沼に落ちていくんですよ

打ち方の前にコーディネーションを手掛ける

どのスクールでもレッスンの前にウォームアップがあり
キッズなんかはコーディネーショントレーニングが
導入されているんです。

実はその中に定位能力の練習や識別能力のトレーニングも
入っているんですが意識されていないんですよね〜

みんな重要性を理解してないから
流していくんですよ。

本当は最初にもっと手掛けてれば違ったかもしれません。

ちょっとしたアウトやネットミス

攻めて行って負けるパターンが多いですね
お互い攻めミスでポイントが進んでいきます。

そりゃ何もしないで繋いでいる方が強いですよ
だって勝手にミスして負けてくれるんですから

ミスする方もちょっとしたことに見えるから
楽観的なんですよね。

私はこの時点でその選手が定位と識別能力を
兼ね備えているか?を見るんですが

兼ね備えてもその能力を使わない
または使い方がわからない?

そんな選手を多く観ます。

多いフォーム矯正

多くが定位と識別に問題あるのに
プライベートレッスンか何かで
フォーム矯正するケースを多く観ます。

別に治す必要ないのに
コーチも「頼まれた限りは何かしないと」と思ってか
テイクバックや何かを変更してしまいます。

余計にドツボにハマっていくパターンが考えられます。

ちょっと食い込む・打点が合わない
ちょっとボールが入らないなどは
定位と識別能力から修正をお勧めします

土日は最初に定位と識別の練習から開始

最近の土日の練習は最初に定位と識別のチェックを行います。
難しくはないのですが
毎回自分か意識しながら取り組むかどうかです。

今回のゴールデンウイークも
かなりボールの質を落とさず打つことができるように
なってきました。

とにかくボールを軽くしないこと
しっかりボールをとらえ続けること

どこからでもしっかり打てる事が大事だと思います。
そのためには定位と識別は重要です。

一応
土日のスケジュールを案内しておきます。

火曜日はプライベートからスタート

朝10時より東海から参加したジュニアのプライベートで
泉大津なぎさコートで行いました。
1桁ランカーの上位選手です。

平日の昼間もレッスンの受付を行なっており
遠方からの参加が多いです。

夕方は和歌山の伏原テニスコートで17時から
プライベート後、21時までグループレッスンです。
土日も含めてプライベートレッスンも行っていますので
質問などはお問い合わせフォームからどうぞ!

    今後の予定をリンクしますのでクリックください。
    土日祝日の練習会の予定
    土日祝日の試合の予定
    地獄の総当たりシングルス錬成会の予定
    Facebookはこちらでご覧頂けます。
    Twitterではこちらでご覧頂けます。
    YouTubeはこちらでご覧頂けます。
    連絡先はmac335@mac.comです。

    LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
    是非ご登録ください!

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8179-1.jpg
    タイトルとURLをコピーしました