Information
----------------------------------------------------------------
2022.5月/6月ジュニア練習試合募集中!
2022.5月/6月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

日本のテニスプロの実情

ジュニアテニス
Female sportsman is playing tennis on an outdoor stadium full of spectators. She is wearing unbranded sports cloth and using unbranded sport equipment

今日の動画は日本のテニスプロのジュニア時代について

海外組と国内組のテニスプロはジュニア時代どうだったの?

イベンターになっていないか?

ジュニアがプロになりたい!って目を輝かせています。
やはりコーチとしてはキレイなものを見せてあげたいと思う反面
現実の厳しさが頭によぎります。

  • 多くがイベントで稼いでいる。
  • 多くがレッスンをしている。
  • 多くがスポンサーがつかないか予算が充分でない。

なので試合に集中できるプロが少ないんです。

ジュニア時代何が違ったか?

試合に集中出来るプロって
盛田ファンドなどのバックボーンがあって
育てられている選手が世界で活躍しています。

確かに予算の違いもあるでしょう。

ないものねだりしてもしょうがないので
出来ることで大きな違いは

計画性

盛田ファンドでは所定の期間内に
指定されたレベルに達していないと
契約が打ち切られます。

なので計画的に練習が進められています。
※私の同期が盛田ファンドの担当だったんで

国内育ちで海外で活躍しているプロは
計画に基づいて技術をクリアした選手ばかりです。

国内組やイベンタープロのジュニア時代

多くがなんとなく流れでプロになった。
ジュニア時代に計画性はみられなかった。

よく言えばノビノビ育った?
悪くいえば無計画

そんなジュニアがプロになった場合
実業団などに属しながら
イベントやレッスンしながら食い繋いでいる感じ……

世界ではなく全日本を目指して

彼らを悪く言う気もない。
なぜなら私も同じようだったからだ。

多くが無計画になっていく

私もそうでした。
プロに登録したわけではないが

生活のためレッスンをしながら
イベントを開催しながら
試合を回ったものだ。

軌道にうまく乗ったとしても
実業団に入って今の国内プロのようになったでしょう。

彼らも最初はそれを目指していたわけではない。
しかし現実が無計画にしざるを得ない環境を作ってしまうのです。

中には全日本本戦も上がれない
自称プロがいてジュニアのレッスンもよくしてますが
それってプロなのだろうか?

ジュニアがそれをプロを思わないだろうか?

もし国内から世界(プロ)を目指すなら

見渡せば多くのご家庭が
いい環境はないのか?探すことで放浪しています。

足りないのは

  • 自分を伸ばすポイントを知り
  • 技術を磨くための反復練習
  • そのための計画性

まずここをクリアしないと
世界もプロも何もないでしょう。

上達してプロになっても
イベンター兼・ユーチューバー兼・プロ
じゃないのでしょうか?

※一部の方に失礼かもしれませんがすみません。
私も同じ立場ですから

残念ながらレジャーやイベント化したジュニア界になった昨今
もし同じ練習を1日集中して取り組む仲間が集まれば
世界に一歩近づけれると思います。

そんな眼を持ったジュニア達との出会いを
期待しています。

今後の予定をリンクしますのでクリックください。
土日祝日の練習会の予定
土日祝日の試合の予定
地獄の総当たりシングルス錬成会の予定
Facebookはこちらでご覧頂けます。
Twitterではこちらでご覧頂けます。
YouTubeはこちらでご覧頂けます。
連絡先はmac335@mac.comです。

LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
是非ご登録ください!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8179-1.jpg
タイトルとURLをコピーしました