プロを目指す!

ジュニアテニス

ある大学生が卒業後プロを目指すと決めたらしい。。
毎年、そのような話は聞くが、その行く末は?
どうなるのであろうか?
所詮、日本ランキングの二桁にやっとかかった程度。。

スポンサーが着くのはトップ10以内であろう。。
元フェドカップ監督 植田さん(談)
それ以外はコネか何かで引っ張ってきたスポンサーで

プロになれる基準は何か?
まず、ジュニアデ杯/フェド杯に選出される事が目安。
デ杯 竹内監督(談)

つまり、それにかからない選手がプロを目指すとは
どのような生活になるのであろうか?
コーチをしながら/手伝いながら試合を廻り
ポイントを稼ぐ生活のスタートである。
または、食えなくとも将来指導者になる為の
修行生活としての経験時期か。。

あるプロが語った。
松岡修造が自分から眼をそらすプロが多い。
そういっていた。

私はプロ選手を輩出したいと考えている。
しかし、無謀であれば反対する。
それ程、狭き門である。

それは自費出版で著書を作り
売れない作家に例えられる。

それで、プロと言えるのだろうか?
私は、プロを目指すという大学生の末は
町中で普通にコーチしている将来像が見える。
それが、いい悪いをいうのではないが
テニスに強くなりたい選手は最終的に
何を目指すのだろうか?
今!テニスに強くなりたい!
それは、よくわかる事ではあるが
保護者やコーチは冷静に判断しないといけないと思う。
プロを目指す事で学ぶ事を勝てとするのか?
本当にプロを名指せるのか?
気持ちが熱くなればなるほど判断を見失うものだから、
プロとは言わなくても
国体を目指す!インカレ目指す!
目指した先に、そこに待つものはなんだろうか?
廻りは考えておかなくてはならない。
最低、指導者/コーチは。。。

今日の写真/レッスン後の食事
今日は納豆巻きであるが、コーチを含む
みんなに食べられてしまった。。

新会場での料金と規約は本日メールで送りました。
一応、早く情報は出した方がベターと判断しての事です。
よって、もっと見やすいペーパーでもお渡ししますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました