#テニス ノーグリップノーフォーム

レッスン

教えると教え過ぎないの違い/オーバーティーチング

教えると教え過ぎないの違い/オーバーティーチングについて ノーグリップ ノーフォーム指導も各指導者の解釈は結構ですが 教えすぎる教えすぎないの問題も 当クラブの指導方針を理解して頂く上でレポートしています。
レッスン

ノーフォーム指導での誤解 フォームを矯正してはいけないのか?

ノーフォーム指導は動作を教えてはいけないという風潮がありますから悪い動きをそのまま放置が目立ちます。 どこまで踏み込んでフォーム矯正していいのだろうか?
レッスン

最終章 テニス ノーグリップ・ノーフォーム指導 まとめ

あらゆるグリップに対し違和感なく使えること そして機能的な動作を形(フォーム)ではなく 機能的にエクササイズなどを通じ動作として導いていく手順を ノーフォームノーグリップの指導と当クラブでは解釈しています。
技術

4回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるフォームの解釈

フォーム指導とは経過分析の指導とも言われ 見本となる成功した選手などのフォームを参考としそれを模倣した指導です。昔は強いチームはみんな同じ打ち方をしているとお手本の様に見習わせられました。
技術

3回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるグリップの解釈

背面打ち・また抜き・あらゆる空間でベストなグリップを選択でき、どの状態でも違和感なくあらゆるグリップを選択できるのがノーグリップと解釈しています。
技術

2回目 私が学んで来たテニスのノーグリップ・ノーフォームとは?

教えず気付かせ個性を伸ばすのがテニスのノーグリップ ノーフォームの指導なのだろうか? ちまたではどの様に解釈されていることが多いかをレポートします。
レッスン

1回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム 指導現場の現状

ちまたのテニスのノーグリップ・ノーフォーム指導は「コーチが個性を見抜く眼?」とも取れますがそれは単なるコーチ個人の根拠のない勘のようにも思えます。
レッスン

テニスのノーグリップ・ノーフォームの指導 前章

テニスの指導現場でノーグリップ ノーフォームをよく聞きますが日本のコーチがアメリカの習慣を勝手に解釈し独自のノーフォーム・ノーグリップと言うものを作ってしまったようにも感じます。
レッスン

ノーフォーム・ノーグリップ/教えすぎはいけないか?

ノーフォーム・ノーグリップという言葉を聞きます。 また多くのコーチが教えすぎはいけない!といいます。 ウチでは結論は選手次第でしょ?としています。 理屈で覚えるのが得意な選手もいるし 理屈が全くダメで感覚的なのもいます。
技術

ジュニアテニスはフォームから教えない。

エナジーでは動きから指導し運動として始めるんです。身体がどんな動きや機能を持ているのだろうか?そこからアプローチします。
未分類

号外 ノーグリップノーフォーム!について

ノーグリップノーフォーム!それはベテラン指導者が出来る業だ!
タイトルとURLをコピーしました