#ジュニアテニス個性

技術

いいとこなしでも勝てますか?

ジュニアテニスで何にも取り柄のない選手は後から好きなように能力を付け加えられる利点があることに気がつき、さらにケガも少ないんです。
技術

テニスは正しい技術でも急に治されるとヘタになります!

欠点を治されるときの問題です。 正しい技術でもマスターするには時間がかかるし合わない場合もあるのです。
レッスン

最終章 テニス ノーグリップ・ノーフォーム指導 まとめ

あらゆるグリップに対し違和感なく使えること そして機能的な動作を形(フォーム)ではなく 機能的にエクササイズなどを通じ動作として導いていく手順を ノーフォームノーグリップの指導と当クラブでは解釈しています。
技術

4回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるフォームの解釈

フォーム指導とは経過分析の指導とも言われ 見本となる成功した選手などのフォームを参考としそれを模倣した指導です。昔は強いチームはみんな同じ打ち方をしているとお手本の様に見習わせられました。
技術

3回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム指導 運動におけるグリップの解釈

背面打ち・また抜き・あらゆる空間でベストなグリップを選択でき、どの状態でも違和感なくあらゆるグリップを選択できるのがノーグリップと解釈しています。
技術

2回目 私が学んで来たテニスのノーグリップ・ノーフォームとは?

教えず気付かせ個性を伸ばすのがテニスのノーグリップ ノーフォームの指導なのだろうか? ちまたではどの様に解釈されていることが多いかをレポートします。
レッスン

1回目 テニスのノーグリップ・ノーフォーム 指導現場の現状

ちまたのテニスのノーグリップ・ノーフォーム指導は「コーチが個性を見抜く眼?」とも取れますがそれは単なるコーチ個人の根拠のない勘のようにも思えます。
ジュニアテニス

ジュニア育成は野菜作りと同じ!

ジュニア個別に対応が異なり それはまさに野菜作りと同じです。 大根もあればキャベツもある。
タイトルとURLをコピーしました