Information
----------------------------------------------------------------
22.12月〜23.1月ジュニア練習試合募集中!
22.12月〜23.1月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

【ジュニアテニス】高校生から勝てる様になる為に必要なこと

技術

今日の動画は高校生から勝てる様になる為に必要なことについて

【ジュニアテニス】高校生から勝てる様になる為に必要なこと

将来勝てるテニス・ナショナルでの見解
よく耳にする言葉ですが
「いま勝つテニスではなく将来勝てるテニスをしよう」
と言われますが具体的にどういったことでしょうか?

ナショナルで話されていた内容をもとに
紹介しようと思います。


将来勝てるテニスの解釈が曖昧です。
どの様な方法をだと将来で勝てるのか?
正しく認識している人とそうでない人が
明暗を分けています。

将来勝てるテニス=ハードヒッターと解釈し
パコパコ打ちまくる道に進み
そしてエースとミスの間で悩む選手が大半で

多くが自滅の一途をたどり
最終的にシコラーが笑っているのです。


勝つためのスタイルを考える前にすること。
現状の把握です。
どのようにポイントを終わらせているのか?
今の試合を分析してください。

相手のミスもしくはエース
自分のミスもしくはエース
何で終わってます
か?
まずポイントが何で進行しているか
毎回チェックしてください。


ポイント進行を相手に委ねない。
ポイントが相手のミス
もしくはエースで終了しているなら
相手にポイント進行を委ねていることになります。

つまり相手次第と言うことです。

たとえ勝ったとしても
相手のミスということであれば
相手次第なので
この勝利は評価されないのです。

もし 相手がミスしなくなったらどうなりますか?


自分からフィニッシュできることが重要
ポイントの進行を「相手に委ねない」と言う事は
自分からフィニッシュできているということです。

つまり自分からポイントを終わらせているか?
これが将来を決めると言っても過言ではありません。

また自分からフィニッシュとは
ハードヒットだけではありません。

如何にゲームを組み立てたか?
ミスをさせる事も自分からフィニッシュと言えるでしょう。
ミスを待つのは相手に委ねていることになります。

プロになった選手のジュニア時代の光景ですが
自分からエースととるか?ミスするか?なので

相手は立っていただけの光景が多かったです。
ポイント進行は全て自分が握っていたのです。

しかし今勝つことも重要。
自分からポイントを終わらせて
勝てているならいいですが、
きれいごとばっかりじゃありません。

自分がゲームを支配しようとしても
うまくいかない事も多いです。

相手に委ねることにななりますが
ミス待ちも立派な戦術です。

巷ではミス待ちテニスの方が実際勝てているのです
なぜなら確率が悪いからです。
その確率の悪さを克服しようとあえいでいるのですが
90%だといえます。

理想ばかり追っても負けてばかりでは
ほんとに勝てなくなってしまいます。

将来勝てるテニスとは
自分からポイントがフィニッシュできることで
相手にポイント進行を委ねません。

ちまたの勘違いで
将来勝てるテニス=ハードヒッター

間違いとも言いませんが
自分のフィニッシュがあるはずです。

あなたの武器は何でしょうか?
それはうまく使われているでしょうか?

現実も見据えなければなりません。
ある時はミス待ちもあるかもしれません。

どの様に理想に近づけれるか?
あなた次第だと思います。

多くのジュニアに当てはまる将来勝てるテニスとは
自分の武器も生かしつつ
自分からポイントをフィニッシュできるスタイルを
現実を見据え確実な勝ちも拾って目指していく
ことになるでしょう。

今日の写真/将来なにが武器になるだろうか?
低学年から指導を始めて最初はわからないんですが
だんだんジュニアの武器らしきものが見えてきます。
もちろん性格も含めて判断するんですが
本人のイメージと合うのか?質問しながら
プレイスタイルを作っていきます。
明確な方向は早い方がいいです。

今後の予定をリンクしますのでクリックください。
土日祝日の練習会の予定
土日祝日の試合の予定
地獄の総当たりシングルス錬成会の予定

Facebookはこちらでご覧頂けます。
Twitterではこちらでご覧頂けます。
YouTubeはこちらでご覧頂けます。
連絡先はmac335@mac.comです。

LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
是非ご登録ください!

タイトルとURLをコピーしました