いいジュニアテニススクールの見分け方

ジュニアテニス

今日の動画は「上手くなるスクールと強くなるスクールは違います」について

【ジュニアテニス】上手くなるスクールと強くなるスクールは違います

いいジュニアテニススクールの見分け方
沢山いいテニススクールはあります。
どこのスクールがいいか?わるいか?の優劣ではなく
自分にとっていいスクールの見分け方の指針になればと思います。

上手くなるスクールと強くなるスクールは目的が違いす。
多くのご家庭がいいスクールはないか?と探しています。
しかし
この点を解らないでスクール探しをしているので
思った結果が得られないご家庭が大半です。
今回のレポートを理解すれば
スクール選びで間違わないようになるでしょう!

スクールでは、上手なると、強くなると分けて内容は組まれてます
上手くなると強くなるって共通じゃないの?

確かに共通です。

しかし微妙に違うんですよね。

そこを効率化するために
テニススクールの練習は2つあるんです。

来られる方の目的が違うので
効率よくレッスンできるようにという
テニススクールの配慮なんです。

カリキュラムレッスンとプログラムレッスン
カリキュラムレッスンとは?
1回目 フォアハンド
2回目 バックハンド
3回目 サーブ    

このように課題が細かく決められて授業のようなレッスンです。

プログラムレッスンとは?
そのジュニアまた全体のジュニアのゴールを決め
逆算計画で達成していくものです。

カリキュラムレッスン
技術そのものを習得していくことに目的としてますので
上手くするためのレッスンと言うことがいえます。
※マンガなら読み切り型

これからのレッスンは1つのショットに集中しますので
上手くなります。
通常のテニススクールはこの形式で内容が決められます。
まさにスクール授業です。

プログラムレッスン
ゴールを決めて取り組んでいくので
強くするためのレッスンといえます。
※マンガなら連載型

勝つためのパターンなどできるまで
くりかえしますので強くなります。
〇〇アカデミーとかいうのに多いタイプです。
まさにジュニア強化です。

ハッキリ分けてるスクールなんて見たことないです!
このようなご意見が出そうなので
確かにそうですね……
あくまでもコーチがレッスン内容を決めるときの目安ですから

スクール内のクラスでカリキュラムとプログラムを分けたり
していますね。

通常クラスと強化クラスみたいな……

そして多く「強化クラス」がカリキュラムとプログラムか
解らない状態で混在しているのが現状です。

なので皆さんがそれを見極めないと
自分に合ったスクール・クラスを見つけれないんです。

強化クラスは間違いなくプログラムレッスンです。

強化クラスのレッスンを見抜け!
いろんなスクールのレッスンを最初から最後まで
見学してみてください。
その時の目安として
これはカリキュラムか?
それともプログラムがあるのか?

そういう見方をすれば背景が見えます

【うまいけど強くならない】

毎回のレッスン内容が日替わりが多いクラスに見える症状です。
上手くなってるならコーチも一生懸命だと思いますが
「あれもしなければ!」 
「これもしなければ!」と盛り込みすぎた場合こうなります。
サービス満点の人の良いコーチに多く
かつ振替の多い強化クラスによくあります。

【強いけどヘタ】
強いのであれば勝つためにポイントを絞って
シンプルな練習をしてくれているクラスに多く見える症状です。
コーチもできる範囲を見極めたうえで目的が見えています。
「フォアだけに絞ろう」
「つなげることに絞ろう」
そこには勝つことが目標としてあるのであれば
立派なプログラムレッスンとも言えます。

【上手くて強くなる】
目的を定めてシンプルな練習をしている
プログラムレッスンですが
ショットを強化する目的で時間内に
カリキュラムレッスンを導入しているクラスに見えます。

【上手くも強くもなりません。】
何がゴールなのか目的もなく
毎回、内容が変わり、それも時間内に二転三転
時間つぶし?とも言えそうなトレーニングも点在し
一応、疲労感は満載している。
やる気のないコーチがやる
運動量ごまかし型レッスンです。

大阪の強いクラブの特徴を調べました。
過去のものも含み紹介します

プロも多く輩出したクラブ
◯サーブとリターンがやたら多い。
◯いつも同じ練習しかしないと聞きます。
◯細かいことは教えない。
◯常に強いジュニアがいるので自然に上位選手が集まる。
このタイプは元から強い選手しか伸びていないとも聞くので
ある程度、基礎ができたジュニア向きのようです。

全国大会常連クラブ
◯計画された練習内容は進学までシステム化されている。
◯確率論に基づいた練習
◯各地から強豪選手の勧誘に熱心
◯他の情報は遮断しクラブの方針を徹底させる

いつも強いジュニアが順番に出てくるクラブ
◯2対1の練習がやたら多い。
◯いつも同じ練習しかしない。
◯細かいことは教えない。
◯常に強いジュニアがいるので自然に上位選手が集まる。

上位ジュニア常連スクール1
◯プライベートが多い。
◯非常に細かい指導で計画的
◯コーチの技術管理も徹底

上位ジュニア常連スクール2
◯トレーニングが非常に多い
◯いつも同じ練習しかしない。
◯細かいことは教えない。
◯常に強いジュニアがいるので自然に上位選手が集まる。

上位ジュニア常連スクール3
◯いつも同じ練習しかしない。
◯細かいことは教えない。
◯立地条件がよくクラス数が多いので常にジュニアが集まる。

強豪クラブの特徴を紹介しましたが共通点があります。

全てプログラムレッスンということです。
そして同じレッスンを日々繰り返すスクールが多いです。


テニスエナジーのレッスンは?
プログラムレッスンですが

ショットの精度を重視しますので
1日の中に、何回か
カリキュラムを織り交ぜるスタイルです。
※ドロップショット集中
※ボレー打点修正etc

毎日の練習に大きな違いはなく反復練習が主体で
ゴール設定をしっかり決めています。

技術に関しては細かい部分が結構あります。

強豪スクールに多い
「細かいことを教えない」が大半をしめますが

現実、おおくが保護者がネットで調べたり
細かく指導しているか

当クラブに技術指導を求めてくるケースが多いのです。

現に関西以外からも上位選手が単発で練習に参加してきています。


いいジュニアテニススクールの見分け方とは?
強化クラスはプログラムレッスンですが
カリキュラムが混在しているので見極めが大事です。
まず、カリキュラムレッスンとプログラムレッスンという
練習があることを理解した上で
スクールの練習を見学してください。

コーチの方針や考えが自然と見えてきます。

これにより自分に合ったスクールなのか?クラスなのか?
選択する目安になると思います。

いいスクールはたくさんあります。
しかし自分に合っているかはわかりません。
是非、いいレッスンを見つけてみてください。

今日の写真/ジュニア強化レッスン
毎回、同じことをくりかえず内容が多いです。
そしてゴールを短期・中期・長期で分けて考えるので
進学まで視野に入れたスクールもあります。

今後の予定をリンクしますのでクリックください。
土日祝日の練習会の予定
土日祝日の試合の予定
地獄の総当たりシングルス錬成会の予定

Facebookはこちらでご覧頂けます。
Twitterではこちらでご覧頂けます。
YouTubeはこちらでご覧頂けます。
連絡先はmac335@mac.comです。

LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
是非ご登録ください!

タイトルとURLをコピーしました