2014-11-21

ジュニアテニス

トレーニング理論と現場の測定結果の相違

成長スピードと環境スピードがあります。 トレーナーは成長スピードに合わせて考えてくれますし テニスの指導も成長スピードを考えて計画されたものです。 長い眼で見て16才以降に伸びるテニスを目指させる。。 でも現実は? 環境スピードというものが邪魔に立ちはだかるのです。
タイトルとURLをコピーしました