今日も敗戦の報告

ジュニアテニス

勝つ時期もあれば負ける時期もある。
「今日も負けました。」との報告で私も落ち込んでいる。
順調なのはキミレンコだけ。。。
14Uの男子本戦でもカンタとトモキが残っているが
ナルダは怪我で万全とは言えない。
今日も保護者と話合いを行った。
別の会場の練習コートのハードが膝に来るというジュニアがいるらしい。
詳しく調べてみるがコーチがそこでの練習中止を言い渡された選手は従って欲しいのだ。
過去にも別件で怪我をしている選手がいた。
私は選手に出場を見送るように指示したが保護者がエントリーさせた。
討論の末、出場辞退させたが保護者との人間関係は崩れ退会された。
そして現在も口すら聞かない関係になった。
よく考えて欲しい。
コーチは選手を守る為の決定をしただけだ。
保護者はテニスの素人であり身体の知識もない。
保護者の意見を曲げた為、本来味方のはずが敵になる。
だったら、コーチは何も意見しない方が
結論的に選手の怪我が大きくなって最悪再起不能になっても
将来的に選手や保護者といい関係を築けたかもしれない。
現在各自の判断で動いて頂いている事もありますが
コーチからの意見が気に入らないとしても
本質を考えて欲しいのです。
その判断がコーチにとって 何が得になるのか?
前記の試合を辞退させた保護者との討論も
討論までして辞退させるコーチに何の得があるのか?
損な事は保護者に嫌われるだけである。
それを覚悟で討論した自分を今でも悔やみます。
あの家庭には何もしなければ良かった。。
そうすれば今でも笑顔で会えたのに。。

今日の写真1/ナツキングの怪我
ナツキングが捻挫した!それをイッシーが担いでいる。
怪我は必ずつきものである。
当校は怪我をさせないためトレーナーをつけて対策をしている。
ナルダの場合も予測をして捻挫関係を防ぐトレーニングもして来たはずだ。
それでも怪我は発生する。

今日の写真2/キミレンコとユウヒ
レッスン後の写真ですが夜と思いますか?
実は早朝なんです。
太陽が昇る前に既に練習は始まっている。
ユウヒも今は勝てないかもしれない。
しかし地道な努力が絶対実を結ぶから!大丈夫!

今日の写真3/知り合いの贈り物
ソバパスタ!おいしいんです。
St.Cousairというメーカーの物ですが、
前回も頂きました。
これを元に家族が調理師なんでいろいろ作ってくれます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました