#ジュニアテニス身長を延ばす

ジュニアテニス

長時間練習は身長が伸びないのか?

長時間練習は身長が伸びないのか?については 結論ですが伸びないです。 しかし対策で伸ばせるということで 計測と数値が大事です。 伸びが止まった時の栄養状態と 練習時間を見直してみましょう。 そこから各自にあった対策が見えてきます。
ジュニアテニス

努力の仕方について・最終回

とにかく表にしないと 次の取り組みがわからなくなる。 また課題も見いだせてくるし計画的に進めれる。 努力の第1歩は時間を作る事 次に時間を管理する事です。
レッスン

スライスなどのショットの必要性2

日本中からトップを集めた練習でも フォアバック共、スライスラリーを しっかりさせるなどの練習がありました。
レッスン

スライスなどのショットの必要性

この先、同年代だけが相手でもないのでテクニックが要されます。 当然スライスなどの球種のバリエーションも必要です。
レッスン

6年生までに全てのショットは打てるようにする。

出来れば5年生中に 全てのショットは打てるようにして欲しいところです。 根拠は、全日本選抜予選が各地で始まりますね。 もし全日本で優勝しナショナルに選ばれれば 試合や遠征が急激に増えます。
レッスン

指導の現場でサービスの問題6

身体の成長を見越しての指導手順ということになります。 なので12歳以下は頭がさがる投球フォームが スピードが出せます。 しかしこの動きは後になくなります。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題5

12歳以下ジュニアにとり身体構造上苦手な動作ですから 急にヒップオーバーヒップや ショルダーオーバーショルダーが出来なくてもいいのです。 マイペースで行きましょう。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題4

サービスは体力に合わせて 上手くバージョンアップできている選手と そうではない選手に別れ 大半のジュニア選手・特に女子の 動作移行ができていません。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題2

サービスでジュニアに成人プロのようなフォームを 指導する問題について考えます。 決してテニス雑誌のようなフォームは困難なのです。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題1

指導の実態はテニス雑誌などの解説書を元に低学年も 指導されている
タイトルとURLをコピーしました