#ジュニアテニス第2次性徴

技術

不調と戦う3

不調の出るタイプと、出ないタイプについて医療者にも相談した内容ですが 原因については実際の所、理論的によく解ってはいません。 ただ数値を計測することである傾向が見えてきました。
技術

不調と戦う2

複数受講者の堕ちる罠についてレポートします。不調だからといって技術革新をさせようとするとさらに余計負のループに陥っています。 勝てなくなるとスクールを変えたりコーチを変えたり あちこちさまよっている方々に多い傾向です。 単純な...
技術

不調と戦う1

ジュニアの指導は現在の成長(性徴)過程がどの変にあるか? 理解し特に急激な成長中は身体サイズと運動神経の誤差を認識した 指導が必要となります。
レッスン

プライベートレッスンについて

個別のプレイスタイルを確立させていくのがプライベートレッスンと言えます。 現在定期的にプライベートレッスンを受講している選手に関しては 明確なプレースタイルを確立させている、または確立させつつあります。
ジュニアテニス

努力の仕方の時間編1

現実問題、時間と質を得ている選手がトップな訳で 世界的統計から導き出された数値を元にレポートします。
ジュニアテニス

努力の仕方について・最終回

とにかく表にしないと 次の取り組みがわからなくなる。 また課題も見いだせてくるし計画的に進めれる。 努力の第1歩は時間を作る事 次に時間を管理する事です。
レッスン

スライスなどのショットの必要性2

日本中からトップを集めた練習でも フォアバック共、スライスラリーを しっかりさせるなどの練習がありました。
レッスン

スライスなどのショットの必要性

この先、同年代だけが相手でもないのでテクニックが要されます。 当然スライスなどの球種のバリエーションも必要です。
レッスン

6年生までに全てのショットは打てるようにする。

出来れば5年生中に 全てのショットは打てるようにして欲しいところです。 根拠は、全日本選抜予選が各地で始まりますね。 もし全日本で優勝しナショナルに選ばれれば 試合や遠征が急激に増えます。
レッスン

指導の現場でサービスの問題6

身体の成長を見越しての指導手順ということになります。 なので12歳以下は頭がさがる投球フォームが スピードが出せます。 しかしこの動きは後になくなります。
タイトルとURLをコピーしました