Information
----------------------------------------------------------------
2022.6月/7月ジュニア練習試合募集中!
2022.6月/7月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

号外/ジュニアテニス選手の目標

ジュニアテニス

勝つ!と負ける!の根拠シリーズ。。
ちょっと待ってくださいね。。

ジュニアが試合に出る目標ってなんだろうか?
外部から来た選手に質問すると
「ウインブルドン出場」と、答えた。
そこで私がした質問なのだが
「どうすればウインブルドンに出れると思う?」と、
問いかけると言葉が止まった。

ちなみに海外への挑戦を考えている選手は
まず、14才以下の全日本選抜やRSK杯
中牟田杯などでチャンスを得る事でしょう。
テニス協会からの援助などでチャンスはあります。
12才でも全国で活躍した選手には海外での
強豪との対決などの経験が体験出来ます。
よって、12才までにある程度全国で活躍出来る力があれば
そのチャンスに近くなります。
それを取り逃しても大丈夫です
まだ14才以下の選抜があります。
それを取り逃してもRSK杯/中牟田杯などがありますが
この部分で戦えるようにする事でしょう。

また、お金のある家は、それらの試合を眼中とせず
海外のITFなどの試合を自費で廻る方法もありますが
今日話した提案は、お金をかけずにチャンスを掴めるように
考えた場合です。

保護者に伝えたい事は
いろんなアドバイスを受けると思いますが
一般の方はお金持ちの方のアドバイスはまずマネできません。
そんなに自由に海外に行けないし
よって、裕福な方のアドバイスは間違いではないですが
各家庭の経済状態で判断した方が良いと思います。

今回のキミレンコも協会の援助で安く遠征出来てます。
できれば安い方がいいでしょう。。
そんなチャンスのある大会を考えて
今後の計画の参考にしてください。
それがダメでも次のステージはあるんですが
それままた今度話しますね。。

今回のブログを読む外部の方は文章だけで鵜呑みにしないでください。
あくまでもクラブ内の会話のフォローが目的ですから。。

今日の写真1/レッスン合間の風景
みんな何かの目標がある。
夢を持って歩んでいるんだから
最低保護者は、その道を知った方がいいと思います。
そうしないと今後の指針がなくなるでしょ?
私は、安心して歩んで欲しいと願っているからです。
ウインブルドンめざせ!
言うのは簡単ですが現実はどうなのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました