テニスで全国レベルを達成する為に!

ジュニアテニス

最初に、このシリーズは小学校低学年から頑張る
テニスエナジーのジュニアを対象としています。
高学年を対象にしていません。
また、テニスに詳しくない保護者主体で書き上げてます。

第2章 エナジーが考える全国で通じるテニススタイル
書き出せば沢山ありますが
一言にまとめれば、速い展開が出来る事
または速い展開に対応出来る事
それにつながるショットやテクニックを持っている事
12才以下でよく見られる繋げるだけの遅い展開や
ストロークだけの展開しか見られないのでは
14才以下になった時、何を指導していいか解らなくなりますし
ストロークしか出来ないジュニアへ急にネットプレイを指導しても
浸透しにくいのです。

よく粘り強く遅い展開で賢く勝つプレイヤーも存在しますが
彼達だって強いボールが打てない訳でもないし
ネットプレイが出来ない訳ではありません。
彼らの個性の関係上そのようなスタイルをしている訳で
表面だけを真似るのは危険です。
※ストローク主体のナダルがボレーヘタな訳ではないし。。
嘘だと思えば粘り強いスタイルの選手は
いかに早い展開に持ち込まれようと上手くかわす技術
つまり速い展開に対応出来る事が、出来ます。

だから、ネットダッシュからサービス&ボレーなど
速い展開の練習を結構頻繁に練習に入れているのはその為です。
中には「ネットプレイなんて低学年では無理だ!」
ダブルスなんかさせないでもっとシングルをさせてくれ!
思われている保護者もいるかもしれません。
全部ネットダッシュさせている!(笑)などは、
そんな考えで練習を組んでいるのでご理解くださいね!

今日の写真/身体作りはハイハイから
トレーニングといえば筋肉トレーニングのイメージがありますが
動き作りや姿勢、柔軟性なども立派なトレーニングです。
生まれて始めてする運動はハイハイなんですが
この時期の重要性が体幹に影響してきます。
だからワニ歩きと呼ばれる運動など行うのです。
それとトレーニングしても身体は食べたものからでしか
作られないんです。
好き嫌い無くしっかり食べて、しっかり寝る事!

コメント

タイトルとURLをコピーしました