自分の努力だけでは上は目指せない2

ジュニアテニス

下記はナショナルに関わるコーチとのやりとりの文章である。

ジュニアに対し周り(保護者/コーチ)が、将来の国際舞台に向けて
トレーニングの環境を整備し、計画的な育成が必要だと思います。
本人が実力で勝ち取っていくのを待つには、
世界の舞台からは遅れてしまいます。

これはある程度レベルに達したジュニアの事についての
やりとりであるが、今後の練習活動について
保護者やコーチ達による環境整備が必要であり
本人の努力だけでは世界は無理である事を語っています。

世界とまで言わなくても
学校や進路の事の情報収集ばかりでなく
本人が頑張りやすいように練習会場や
トレーニング先/身体のケアを行う所、について調べたり
また、各機関が同一の場所にある事はまずないので
送迎などの手配や計画も保護者が用意してあげないと
ジュニア本人だけでは無理である。

強くなるジュニアの家庭は、ここまで動いているのが
現実なのである。
これはテニスに関わらず他のジャンルで活躍する
ジュニアの家庭も同じである。

もし、大阪のトップに近づけようと考えるのであれば
また、全国大会に出場させようと思うのであれば
家族が一丸となって動かないと
栄冠は勝ち得ないであろう。。

今日の写真/本日の練習風景ウエケンとトモキ
今日はコートカバーの練習だった。

6球練習について
名前は書いてあっても参加してない事が多いので
参加のない選手は今後も全て削除させて頂きました。
「人数がいると思って参加したが実はいない!」
それより金額が変動するので他の方が困惑しています。
参加している他の方に正確な人数を把握して頂く為に
消しています。
記入して当日キャンセルはお断り致します。
本日注意された選手は今後6球の参加を見送ります。
練習の重要性を理解頂いていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました