自分だけの努力では上は目指せない。

ジュニアテニス

昔の話、プロになりたいと思っていた選手が
一生懸命、市の総体や国体選手の選考の試合など
果敢に挑戦していた。
その選手はその先にプロ/ウインブルドンなどの道が
続いていると思っていた。
全日本ランキングの取得出来る試合の存在に気がついたのは
20代後半である。
※当時は申し込んでもほとんど出れなかった狭き門でもあったが。。
これは笑い事でなくインターネットのなかった時代は
こんな人が多かったのだ。
その人は努力をしていたし、レベルの高い市のオープン大会でも
いつもシード選手でもあったが、、

本人の努力を効率よく進める道を歩ませないと全く無意味になる。
ジュニア本人(特に小中学生)が道の進み方のなど
世の中の作りも解らないのに進めるはずないのだ。
廻りがしっかり道を調べてあげ、いろんな道はあるだろうが
情報として正しく与えてあげないと前者のような事が起こる。

ある人も、やはりインターハイ/インカレの先に
ウインブルドンがあると思い込んでいた
もっと、外の世界を知るべきだったと後から悔やむ。
今から過去の自分の進む道を設計し直すと
全く違った夢のある道と可能性があったと語った。。

次回、自分の努力だけでは上は目指せない2
ジュニア編

今日の写真/もうすぐ閉鎖になるバークレーの木
この木は閉鎖後、切り倒されるらしい。
いつも選手の休憩の場として守って来てくれた大切な木
選手のみなさんに伝えます。
当然、通えない人もいると思います。
また、新しい方向に眼を向けている人もいると思います。
私に気を使わず、自分の道を進んでください。
出会いがあれば、いつかは別れもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました