#地獄の総当たりシングルス、

レッスン

コーチ間の指導の相違

他のスクールを受講される選手で起こる問題で 過去の例に基づき注意ポイントをレポートします。 目的は今後、土日に試合と強化練習をセットで行う活動を行うので先方の指導と相違なく練習進める必要があるからです。
ジュニアテニス

努力の仕方の時間編1

現実問題、時間と質を得ている選手がトップな訳で 世界的統計から導き出された数値を元にレポートします。
ジュニアテニス

努力の仕方について・最終回

とにかく表にしないと 次の取り組みがわからなくなる。 また課題も見いだせてくるし計画的に進めれる。 努力の第1歩は時間を作る事 次に時間を管理する事です。
試合

2月3日 12歳以下男女テニス練習試合結果です。

4面のコート9名で30分〜40分時間交代制 練習試合を行いました。 6ゲーム目標ですが早く終わり14ゲームもありました。
ジュニアテニス

努力の仕方について3

中学生トップジュニアの週間スケジュールです。 1日どのように活動しているか?などご理解いただけます。
ジュニアテニス

努力の仕方について2 計画

ナショナルとのプレゼンで行われた過去の記録ですが 一般のジュニアにも多いに参考になるはずです。
ジュニアテニス

努力の仕方について1

当クラブは府県大会優勝から 全国大会出場・日本一にもなり ナショナル選手やプロまで多くが歩んできたクラブです。 なので大体どんなペースで どのレベルをクリアしていけばいいか解るのです。
レッスン

スライスなどのショットの必要性2

日本中からトップを集めた練習でも フォアバック共、スライスラリーを しっかりさせるなどの練習がありました。
レッスン

スライスなどのショットの必要性

この先、同年代だけが相手でもないのでテクニックが要されます。 当然スライスなどの球種のバリエーションも必要です。
レッスン

6年生までに全てのショットは打てるようにする。

出来れば5年生中に 全てのショットは打てるようにして欲しいところです。 根拠は、全日本選抜予選が各地で始まりますね。 もし全日本で優勝しナショナルに選ばれれば 試合や遠征が急激に増えます。
タイトルとURLをコピーしました