#土日ジュニアテニス練習

レッスン

和歌山県高等学校テニス選手権大会単複優勝!

和歌山県高等学校テニス選手権大会単複優勝! 当クラブの辻野 美月選手が和歌山県高等学校テニス選手権大会にて シングルスとダブルス優勝しました。
レッスン

普通のコーチ達が手も足も出ないような強い選手の指導

ある程度基礎が出来た選手の指導は 全国トップいや国際レベルで通じるくらいに高めるなら ナイスショットをグッドバランスとグッドモーションを 確立させかつ連発できる土台を維持した上で放たないと 通じないのです。 これが当クラブで、ある程度出来た中高生のレッスンポイントです。
レッスン

土日のジュニア強化練習の課題

深いクロスへのフォーシングショット(攻め球)は 14歳までのジュニアには必殺に近いショットです。 それを反復練習で決まるまで打つ練習をします。 更にそれを打たれた場合のストローク安定性の強化に取り組みます。
レッスン

テニスの上達は計画が重要なんです。

少なくとも今練習していることが何に繋がっていくのか? 理解する事が大事です。 そして順序立てて課題を埋めていくのです。
ジュニアテニス

トップジュニアの低学年時のレベルについて

当クラブでは低学年でも高校大学生と早く練習できるレベルを 早期に目指します。 それは練習出来る環境が広がり正のループに乗れるのです。
ジュニアテニス

本気で取り組むから夢が広がる。

小学生で中高生と戦える事が基準です。 現在の低学年クラスは毎日受講ですので 国際大会で戦える基準で身体作りから指導しています。
レッスン

どうしても打つ(攻める)と入らない。

どうしても打つと入らない。 戦績が上がらない選手は問題があります。 簡単に治せるものもあればそうでないものもありますが 申し訳ありませんが基本的でない選手が多いです。
試合

試合のご案内と現在の状況

大阪 滋賀 奈良 和歌山など各地から集まっています。
レッスン

両方フォアハンドは成功するか?

結論です。 人間そこまで器用ではありませんので 最終的にどちらかに偏る傾向にあります。
未分類

両方ダブルハンドの選手についての対応

両方ダブルハンドが合う選手もいる。 しかし大半がシングルハンドに矯正している。 では、どのようなタイプが両方ダブルハンドが合うのか? 合わないのか? 簡単にプレイに差し支えを感じているかどうかでしょう。 また将来において弊害が明らかにみてきた時という事になり それは個別に理由が異なります。
タイトルとURLをコピーしました