#テニスのノーフォーム/ノーグリップ思想

レッスン

ノーフォーム指導での誤解 フォームを矯正してはいけないのか?

ノーフォーム指導は動作を教えてはいけないという風潮がありますから悪い動きをそのまま放置が目立ちます。 どこまで踏み込んでフォーム矯正していいのだろうか?
レッスン

ノーフォーム指導は決して指導者の勘(カン)で行うものではないと思う。

個々を分析できてその結果がノーフォームとなると思います。 選手の身体的現状把握、脳が運動学習を行う基礎知識 反射運動と随意運動の違いは理解、個性の動作か?代償運動か?を見極めれないと 単なるクセにしかならないと思います。
レッスン

最終章 ノーグリップ・ノーフォーム指導 まとめ

あらゆるグリップに対し違和感なく使えること そして機能的な動作を形(フォーム)ではなく 機能的にエクササイズなどを通じ動作として導いていく手順を ノーフォームノーグリップの指導と当クラブでは解釈しています。
レッスン

ノーフォーム・ノーグリップ/教えすぎはいけないか?

ノーフォーム・ノーグリップという言葉を聞きます。 また多くのコーチが教えすぎはいけない!といいます。 ウチでは結論は選手次第でしょ?としています。 理屈で覚えるのが得意な選手もいるし 理屈が全くダメで感覚的なのもいます。
ジュニアテニス

なぜ?オーバーティーチングの軽減が唱えられるのか?

なのになんでもかんでも 「自分で気づけ!自分で見つけろ!」なら コーチはいらないんじゃないですか?
ジュニアテニス

自分で気づかせる方針のテニスコーチについて

テニスの個性を伸ばすとか 発想を延ばすとか 個性を延ばすとか それはベテランコーチのなせる技
タイトルとURLをコピーしました