#ジュニアテニス1万時間の法則

ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題5

12歳以下ジュニアにとり身体構造上苦手な動作ですから 急にヒップオーバーヒップや ショルダーオーバーショルダーが出来なくてもいいのです。 マイペースで行きましょう。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題4

サービスは体力に合わせて 上手くバージョンアップできている選手と そうではない選手に別れ 大半のジュニア選手・特に女子の 動作移行ができていません。
ジュニアテニス

指導の現場でサービスの問題3

12歳の動きから成人するまでのサービス動作移行に されていない問題があります。
未分類

テニススクール業界の考えを変えたい。。。3

テニススクール業界では体験レッスンは進んでいても 競技者向けの分析機能がありません。
トレーニング

号外・身体の世界地図。。

一見運動出来そうにないジュニアでも見かけが悪くても実は素晴らしい能力を持っている場合がある。 それに気が付いて、どう磨くか? そのための地図が欲しい。
未分類

テニススクール業界の考えを変えたい2

毎回の体験レッスン生 大量の振替生 ジュニア強化まで体験生が訪れます。 みんな本気で練習しているのに興味本位や入る気もない体験者が 続々と毎回来るんです。
未分類

テニススクール業界の考えを変えたい。

エナジー選手の保護者にはテニスコーチが 元を含めて2名いらっしゃいます。 あえて、テニスエナジーを選ばれて受講して頂いています。 業界を良くご存知で話しやすいです。 普通のテニススクールには入れたくないらしく。。 テニスエナジーを選んで遠い所、受講してくれています。
未分類

雨あとの練習。。。

プロの呼吸も調べたりしたんですがタクミと 解剖学的な要素も含めて呼吸の見直しを行っています。 アウターを使った呼吸もあればインナーを使った呼吸もある。
未分類

ジュニアテニスの間違った常識

ビジターAさんからのメールの紹介所属しているスクールは、 オンコート練習が長いほど上手くなっていくという風潮があり、 毎日、長時間練習することが美徳となっています。
ジュニアテニス

トレーニング理論と現場の測定結果の相違

成長スピードと環境スピードがあります。 トレーナーは成長スピードに合わせて考えてくれますし テニスの指導も成長スピードを考えて計画されたものです。 長い眼で見て16才以降に伸びるテニスを目指させる。。 でも現実は? 環境スピードというものが邪魔に立ちはだかるのです。
タイトルとURLをコピーしました