Information
----------------------------------------------------------------
2022.7月/8月ジュニア練習試合募集中!
2022.7月/8月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

テニス ボールとの距離感が合いません

技術
Man playing tennis

ボールの近付き方に問題を抱えてる方へ
多くの指導書・YouTubeなどの解説は
機能分析によるものではないので
解決しないでしょう
今回は機能分析の視点から
解決への道をご案内します。

このブログの動画

テニスでのボールの距離の合わせ方

テニススクール含め多くの指導現場では
軸足とボールの距離を合わせると聞きます

悪くないんですが
運動感覚の揃ってる人には問題ないでしょう

しかし何かの機能が欠落しているから
ボールとの距離が合わないわけで

根本原因を突き止めるのが
機能分析の指導と言えます

ボールの距離の合わせる=タイミング

ボールとの距離を合わせるとは
タイミングを取ることとなります。

テニスのタイミングとは何でしょう?

心技体視 全てのテンポ・リズムが
一点のインパクト1000分の3秒に合致させるもの

それがタイミングです。

心=メンタルまで入ってくるんですね~

これが根底にないと機能分析できないんですよね

多くの要素の中の何に問題が生じているか?
それを探索するのが機能分析の指導です。

機能分析から見るボール距離感の確認

7つのコーディネーションが登場です
これはかなり勉強した方がいいです。
わからない方は資料をリンクしておきます。

分析方法はまだ沢山あるので
一例の紹介という事になります

ボールの距離感は

定位能力

なんです。

問題はここからで
さらに定位能力が悪い原因って何?


ここまで突っ込めるかどうかですね

次に

リズム能力

これはボールへの入る時間に関係しています

リズム=分割された時間の回数
テンポ=分割された1つの時間

これを正しく集約したのが
タイミングなのですが

タイミングはメンタルから多くの要素を
含めているのですが
今回は長くなるので割愛します

リズム能力が悪いなら
さらにその悪い原因って何?

問題要素を細分化し
さらにその原因を細分化していくのです。

テニスのスポーツビジョンが見落とされがち

よく聞く
コーチ「ボール見てますか?」
生徒 「見てますよ!」

ここが問題で
正しく視覚情報が入力されているのかどうか?

つまり
定位能力もリズム能力も視覚情報に頼っているのです。

スポーツビジョンに関しては
テニス向きのものが多く間違って出版されているので
グッズも含めて購入はお勧めできません。

学者さんが考えたものなので
間違いではないですがテニスの現場向きでないのです。

これについては

テニスエナジーのスポーツビジョン教材がありますので
オススメします。

眼球の機能とされていますが
テニスで使用するビジョンは眼より脳の使い方の方が
重要なので即、効果があります。

よってスポーツビジョンの機材の購入は
テニス向きがないので今は待った方がいいでしょう

テニスボールへの距離感を運動機能面から見た場合

リズム能力は測定でき
テニスエナジーでは最初個別で測定します

その時間を分割するのがリズムというのですが
1つの時間の長さがテンポ

それをうまくコントロールする身体機能が

敏捷性

なのです。

その敏捷性を細かく分析すると

腱反射

に行き着きます。

ほぼ先天的な部分ですが
ある程度改善できます。

腱反射〜敏捷性まで足の機能が
しっかりできていないと

ボールとの距離も正しく判断し
正しく近づこうとしても
足がいうこと聞かないんです。

選手によっては
足回りのトレーニングが必要なのです

テニスボールの距離感のまとめ

ジュニア強化での現場の導入
テニスエナジー編として紹介すれば

リズム能力から手がけ
ボールとインパクトまでの時間計測から開始します。

バウンドからインパクトまでの時間の誤差が大きいほど
距離感がズレるからで
これで90%以上改善します。

それでダメなら
スポーツビジョンの手法導入で
視覚情報の状況を分析し対応します。
※内容は膨大なので割愛します。

実はこの2点で
ストロークにおける定位能力の多くは
改善されているので

ストロークの距離感をつかさどるのは
スポーツビジョンとリズム能力とも言えます。

テニススクールの指導の現場事情

軸足との距離を測って修正する=経過分析指導
今までの経験論に基づき行われていますが

間違いではありません。
テニススクールなどではこれが精一杯なのです。
多くの生徒を一気に指導しなければなりませんから

今回の指導はプライベートレッスンレベルです。
なので個別で見た場合の内容なので
スクールのコーチは限られた範囲で頑張ってくれています。

このブログ内容は日本テニス協会の
ナショナルメソッド伝達事業などで
多く広められているはずですが

その細かな指導内容から
テニススクール現場に導入する難しさを
コーチたちは悩んでいると思います。

商業施設スクールのグループレッスンでは
不可能な内容としての発表です。

当然、当クラブのグループレッスンでも
やり切るのは困難な内容が多く含まれています。

たかがボールとの距離感
ボール勘という存在は
分析すれば奥深いものなのです。

スポーツビジョンのお問合せ

1998年頃より導入しテニス現場向きにアレンジしました
「脳がいかに眼球を使うか?」が
テニスのスポーツビジョンと言えます

特に動体視力など誤解して紹介されることが多く
実践的でない情報が多いのが現状です。

当クラブの教材は
オンコートまでPDFと動画5本により
家でトレーニング可能な内容となり
メールで直接フォローする内容です。

今回の距離感に関する情報も盛り込まれて
7000円です。

是非お問合せください。

    今後の予定をリンクしますのでクリックください。
    土日祝日の練習会の予定
    土日祝日の試合の予定
    地獄の総当たりシングルス錬成会の予定

    Facebookはこちらでご覧頂けます。
    Twitterではこちらでご覧頂けます。
    YouTubeはこちらでご覧頂けます。
    連絡先はmac335@mac.comです。

    LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
    是非ご登録ください!

    タイトルとURLをコピーしました