Information
----------------------------------------------------------------
2022.6月/7月ジュニア練習試合募集中!
2022.6月/7月土日強化練習
----------------------------------------------------------------

プロテニス選手になる方法について 3回目

ジュニアテニス

本気で目指しているご家庭や選手は少なからず必ずおり
これは過去のデーターに基づいています。

プロになったジュニアを考える時に
どうしても才能というものに目が向けられます。

しかし環境作りの方が重要だと感じます。

何回か書き直しながら進めますので是非お読みくださり
お役に立てれば幸いと存じます。

どんな人がテニスのプロになったの?(環境)

昔からの見ていて
小さい頃からみんな強かったです。

「ジュニア時代そんなに勝ってないんです。」

そういうプロも
しっかり過去のランキングを見れば
トップでないものの上位には必ずいます。

始めた時から正のループに乗っている。

キッズからテニスを始めて気がついたら
上位クラスに上がっていて

あれよあれよと勝ち始め
練習相手も集まってきて不自由なく

そんな流れに乗っています。
なのでレベルも高いので

他のクラブへの移籍もいいクラスへ優遇されるのです。

過去のプロになった選手のジュニア時代の
移籍の道を見てみると
間違いなくそのクラブのトップクラスを渡り歩いています。

なぜそのように順調なのかは才能とは異なります。
それについてはここをお読みください。

初めが肝心

プロは12歳以下のうちにこの流れができていました。

なので始めた時に誰より早く上達することが
正のループに乗る秘訣と言えます。

最初からダッシュした選手の中に
4年で関西ジュニアを取り

その後、日本テニス協会に
選ばれている選手がいます。

なので最初のスタートが肝心です。

正のループに関しては長いので
割愛しますが
ここをお読みください。

環境を維持することが難しい

今までの話はあくまでも12歳以下までの話で
強くなりすぎると練習相手がいなくなります。

周りはまともにボールも返ってこない有様
※一応関西ジュニアレベルでも……
手加減してゆっくり打つしかないんです。

多くがレベル維持ができなくなり
失速していく選手を多く見ました。

12歳までは簡単なんです。
それ以降に充実した練習相手を確保できるか?
ここが生命戦とも言えます。

プロのなった選手は中高で環境を確保した。

それは盛田ファンドやナショナルなど
外人選手との練習や試合に恵まれレベルは上がっていき
優秀な選手は世界を転戦するプロへ転向しています。

もしくは強豪高校への入学などがあり
多くの選手がそこからプロになったり

もしくは強豪大学を経てプロになったりですね。

ある選手は中学で高校の練習に参加し
高校で大学の練習に参加しプロになっていました。

やはり環境をいかに揃えるかですね。

12歳までには頭角は表したい

中学以降の環境作りのためには
それまでに実力はつけておく必要があります。

世界で活躍しているプロは中学までに
頭角を表しているのです。

そうしないとしっかり練習できる
スクールや組織に入ることができないのです。

もし小学生までに頭角を表していない場合
とりあえず強豪高校に入れる力を中学の内に
つけてください。

中学からテニスを始めてプロ活動できた選手もいます。

とにかく中学から毎日テニス漬けでした。
熱心なコーチがついてくれたのが幸いでした。

無事、強豪高校に入れてから変わり
見事エースとなり活躍することができました。

出遅れたなら
まず強豪校を目指す。

今のところ過去の例から言える事は
もしプロを目指すなら
そこに勝機を見出すことだと思います。

ブログに関する質問などお寄せください。

特に低学年からの基礎作りと正のループに乗せるための
活動は大事です。身体作り・基礎作りに関してご遠慮なくどうぞ

    今後の予定をリンクしますのでクリックください。
    土日祝日の練習会の予定
    土日祝日の試合の予定
    地獄の総当たりシングルス錬成会の予定
    Facebookはこちらでご覧頂けます。
    Twitterではこちらでご覧頂けます。
    YouTubeはこちらでご覧頂けます。
    連絡先はmac335@mac.comです。

    LINEでテニスエナジー情報交換会を行っています。
    是非ご登録ください!

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8179-1.jpg
    タイトルとURLをコピーしました