名前を入れます

lessonの特徴1


 ■絶対に勝ちたい!
 ■全国大会へ出たい!
 ■このままではやりきれない!
 ■海外遠征やアメリカの大学に入りたい!
 ■オリンピックを目指したい!

 そんなジュニアを応援し応援します

lessonの特徴2

 ■会場は和歌山ですが、大阪・奈良を挟みますので
  現在の地域所属のまま希望する府県での出場が可能です
 ■所属先クラブのプログラムを尊重し手助けを行います
  他スクール受講の選手はその所属先で結構です


各地域から集まった選手を専門スタッフがタッチリガード! 各府県からトップを出します

lessonの特徴3


■練習時間の獲得
■平日のみならず土日も1日しっかり練習することができます
 あくまでも身長計測や医療者判断に基づき個人ペースで行います
■試合数の獲得
■土日に試合を行い試合数を確保します
 欧米では普通に年間150試合以上の数をこなしています
 日本は試合経験が少なすぎるのです
 また単に試合するだけで はなくコーチが内容を管轄しレッスンに生かすように努めます
▶▶▶年間150試合以上を目指しましょう

単に練習量を増やすだけでなく常に測定を行い身長のチェックや怪我のチェックを行います

lessonの特徴4


■ジュニアはは早熟タイプと晩熟タイプがあります。
■あらゆるデーターを蓄積し医療者と提携していますのでジュニアにあった指導提案を行います。

上達の速さは個人別に異なります。正確な発育ペースを特定し個人別に対策を考えて指導します


lessonの特徴5


■練習内容や試合に合わせてコートが選択します。
 例えば土コートでソフトなボールを使用し遅いペースで コントロールとプレースメントイメージを
 養ったりその上で速い試合ボールを使用し、さらにバウンドの速い  ハードコートで調整しスピード
 対応を行います。
 もちろん人工芝対策も万全です!
■和歌山は人工芝ですが全国大会はハードコートがあります。
 全国小学生大会などは土コートも加わります。 試合に合わせて調整できます。


lessonの特徴6


■クレーコートによりグリーンボール(ソフトなボール)で組み立て感覚とミスしないベースを作ります。
 これにより試合は簡単に負けません。
 ミスしないからこそ、ダイナミックにネットに出たりハードヒットしたりと挑戦できるのです。
 スペインなどヨーロッパでは当たり前のカリキュラムです。
■本人の性格や個性を重視し個別なプレイスタイルを確立します。
 ストロークで粘り強く組み立てたり攻撃的に打ち込んだりネットに出て行ったり技術はバランスよく
 指導し最終的には本人の目指したいテニスが出来るようにサポートする方針です。

ボールをワンバウンド落としてから打ち込むストロークプレイは、威力だけでなく確率の高いゲームの組み立ての確実性が重要になります。
また早いタイミングでのボールヒット習得は長時間練習が必要です。
当クラブはハードパンチ&テクニックと速攻&鉄壁守備の両立を目指します。



どんどん、コートの前に出てノーバウンドでボールを捌いていく
攻撃的で高等なスタイルこのタイプは早期に練習しないと中々習得が難しい。
これを低年齢から実戦で挑戦させ早期にマスターさせます。

■小学校低学年から2人でどんどん前に出る平行陣でのダブルスを行います。
 アメリカなどでは日本人と変わらない小さな小学生が2人で前に出て来てもロブで上が抜けないのが
 当たり前です。


lessonの特徴7


平日のレッスンまたは土日に上位選手の場合は 高校生と合同練習を行い ヒッティング力の向上に努めます。